ウォーキングをする際の注意点

正しい姿勢で取り組む

ウォーキングは年齢や性別を気にすることなく、誰でも気軽に始められる有酸素運動であり、ストレス解消にも効果が高いです。さて、ウォーキングをする上で注意したいのが、正しい姿勢でウォーキングに臨むことです。気軽にできる運動だからといって、ダラダラと歩いているだけではダイエット効果やストレス発散の効果を得ることができません。ウォーキングをする上で重要なのが、背筋を伸ばし、腕を曲げて前後に勢いよくリズミカルに振ることです。また、歩をすすめる際には足の親指からぐっと踏み込むことが大切です。そうすることで自然と歩幅が大きくなり、有酸素運動の効果を高めてくれます。加えて、運動の効果を高めるため毎回30分以上歩くようにしましょう。

水分補給や暑さ対策をしっかりと

ウォーキングをする上での注意点として、水分補給や暑さ対策をしっかりと行うことです。特に、夏場は早朝のウォーキングでもかなり暑くなり、汗をたくさんかきます。汗によって体内の水分が失われていってしまうので、こまめに水分補給をするのが好ましいです。水分を取るのが苦手だと言う人の場合は、スポーツドリンクやミネラルウォーターに少し塩を混ぜたものを摂取すると良いでしょう。加えて、熱中症にならないために帽子をかぶったり、通気性の良い衣服を身につけることです。最後に、ウォーキングはダイエットやストレス解消に効果的ですが、あまり負荷をかけすぎないように気をつけましょう。長く続けることに意義があるので、マイペースで行うようにすることです。