ウォーキング

強いストレスを感じた際は、体を動かすことが効果的といわれています。ここでは、ウォーキングのメリットやデメリット、注意点などを詳しくお伝えしていきます。自分に合ったストレス解消方法を探す際の参考にしてくださいね。

ウォーキングのメリット

「あなたにとってのストレス解消法は何ですか?」と聞かれると、多くの人が友達とのおしゃべりやカラオケを挙げるのではないでしょうか。しかしコロナ禍では、対面で人と話したり密閉空間で歌を歌うことはあまり…

ウォーキングのデメリット

手軽に始められるストレス解消法の一つとして、ウォーキングは人気があります。確かに、日光を浴びながら、ゆったりとした気持ちで外を歩くとリラックスできるしょう。しかし、「ウォーキングをしなければならな…

ウォーキングをする際の注意点

ウォーキングは年齢や性別を気にすることなく、誰でも気軽に始められる有酸素運動であり、ストレス解消にも効果が高いです。さて、ウォーキングをする上で注意したいのが、正しい姿勢でウォーキングに臨むことで…

瞑想を行う

心を落ち着かせるために、瞑想によってストレスを解消する人も少なくはありません。瞑想をする際には、どんな点に注意すればいいのでしょうか。ここでは瞑想のメリットやデメリットなどを詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

瞑想がもたらすメリット

瞑想には様々なメリットがあります。最も大きなメリットは、ストレス解消に繋がるということです。瞑想をすることで日常生活を忘れることが出来ます。ですので、日頃の嫌なことなどのストレスも忘れて気持ちもす…

瞑想のデメリット

瞑想には感受性を高める効果があります。さらに、日常的に心をリラックスさせた状態を作り出すことができるのですが、逆に言えば「心が無防備な状態」とも言えます。心が無防備で感受性が高い状態では、他人や自…

瞑想をする際の注意点

瞑想準備から瞑想中にかけての注意点とは

瞑想を行う際には、少なくとも瞑想が中断されてしまわないように静かな環境を作ることが大切です。なぜなら、瞑想中に突然大きな音や光で現実に戻されると、本来得られるはずのリラックス効果が得られないからです。また、瞑想中は心が落ち着くだけでなく頭の中がボーッとした状態となるので、急激に動くことは転倒リスクが生まれてしまいます。そこで、瞑想を行う際には少なくとも20分以上邪魔されない空間を作っておく必要があるわけです。そして、準備が出来たらリラックスした姿勢で座り、手のひらを上向きにしたまま太ももの上に置いてから瞼を閉じて深呼吸を行いながら瞑想を開始します。タイマーはかけずに寝てしまっても構わないので、予め決めた時間を目安にして終了直後は5分程度横になります。

瞑想後にも注意点がある

瞑想を行う際の注意点は精神的にリラックスした状態を保つことですが、瞑想痕にも注意点があります。瞑想中は心を静かに落ち着かせていますが、瞑想終了時はすぐに動くことは避けましょう。なぜなら、瞑想直後ほど頭がボーッとした状態になりやすく、急に立ち上がるとバランスを崩して転倒しかねません。そこで、瞑想開始時と逆の手順で意識を取り戻すことが重要です。そして、目を開けてからはゆっくりと深呼吸を行い一気に心拍数が上がりすぎないように注意しましょう。また、瞑想後にあれもこれもと予定を詰めすぎていると、瞑想に集中できていないことになりかねません。迷走中に心を落ち着かせて、瞑想後は急に動かずゆったりと現実世界に意識を戻すことが重要です。